OECD

【OECD新刊情報】社会問題/医療/移民分野 (OECD Social Issues/Health/Migration iLibrary)

配信日時: 2017年11月06日
ヘッダー画像
社会問題/移民/健康
山田 様
イメージ画像

Preventing Ageing Unequally

若い世代ほど人口高齢化と不平等の高まりの打撃が大きい
本書によると、高齢になってからの不平等のリスクは、現在すでに退職している人々よりももっと若い世代の方が大きくなり、また1960年代以降に生まれた人々が高齢になったときの状況は劇的に変化するとみられています。さらに、家族の規模が小さくなり、職業人生全般における不平等がより高くなり、年金額を削減する改革が行われたことで、一部の人々が貧困に陥るリスクが高まっています。

本報告書によると、1980年には、OECD平均で勤労世代100人に対して65歳以上の高齢者は20人でした。それが2015年にはその数は28人に上り、さらに2050年にはほぼ2倍の53人に達すると予測されています。多くのOECD諸国と新興諸国では、高齢化がより速いペースで進みます。それと同時に、世代が進むにつれて不平等は拡大しています。格差は、職業人生が始まったばかりの人々の間では、現在の高齢者の間よりもすでに大幅に広がっているのです。

報告書をオンラインで読む

関連情報

イメージ画像

OECD Health at a Glance 2017が発表されます-11月10日(金)

OECDは11月10日(金)日本時間19時に2017年版『図表でみる医療 (Health at a Glance: OECD Indicators)』を発表します。
本報告書は健康状態、健康のリスク要因、医療支出、医療の利用状況と医療の質の国際比較を収録しています。2017年版の特集では、平均余命を伸ばす要因を取り上げているほか、OECD諸国の国民の健康状態や医療制度実績の様々な側面を比較しまとめたダッシュボード指標も収録しています。

出版物にアクセスする
OECD.Stat

OECD Health Statistics

OECDの医療関係のデータを集めたデータベース、OECD Health Statisticsをご存じですか。OECD加盟各国の医療費、医療資源(医師、看護師数、病院のベッド数、MRIの数など)、疾病別の死亡率などのデータが収録されています。
毎年7月に更新。現在の最新データは2015年です。

データを見る